世襲について

歴史

古くはローマ帝国の皇帝の地位は後継者が先代皇帝の養子となる体裁をもつことや、まれに実際の血族に代襲させることで権威の正当性を継続させていた。むしろ古代ローマ帝国は例外的で、古代・中世世界における他の地域の多くの帝国、王国における皇帝や国王、貴族や行政官、騎士などの地位は、厳密な血縁関係を軸とした排他的な継承によって独占的に占有されてきた。このような固定された君主の家系を王朝と称する。 それにより、社会の中で支配する階層(支配者)と支配される階層(被支配者、臣民)の分化が生じてきた。日本においても大日本帝国憲法下では天皇家の皇位始め(万世一系)、身分(華族・士族・平民)の世襲が定められており、これを打破するには閨閥を繋ぐ他なかった(もっとも華族や士族でも家督を継がずに分家すれば平民となるので、華族士族平民の区別は士農工商のようなものではなかった。また華族は衆議院議員になれなかった。たとえば「平民宰相」原敬などは家老の息子だったが家督を継がなかったので平民となり、衆議院議員で居続けるために爵位を授与されないように運動していた)。また日本国憲法には皇位が世襲される旨の定めがある。

実例

自営業者の子が親の家業を引き継ぐことはごく一般的なことである。たとえば、薬局経営者・開業医の子が親の営む薬局・診療所を継ぐ為に医・歯・薬学部を目指したり、実子が後を継がない場合養子が跡継ぎになったりすることがよく見られる。相撲部屋でも親方の実子が関取になれば普通部屋継承者となるし、そうでなくとも親方の娘と結婚した関取が親方の養子となって部屋を継ぐことはよくあることである。 自営業でなくても、親と同じ職種につくことは人脈や職務上必要とされる知識といった無形の財産をひきつぐ上で有利であるため、政治家、外交官、大学教授、芸能人など、社会的に突出した職業や地位の多くに、事実上の世襲が多くなる傾向がある。ことに伝統芸能については公卿やその芸道の開祖が子々孫々その伝統を継承したことから家業となし、今日でも歌舞伎、能、狂言をはじめ、剣術・武道、弓術、礼法などでは世襲が一般的にみられる。相撲は親が横綱でも有利なことは全くないが、特殊な世界であることなどから、日本の他のスポーツに比べると二世力士が多くなっている(横綱二代目貴乃花・三代目若乃花、大関栃東など)。 また、大企業の経営者が子や係累に経営を継がせることも一般的であるが、これについては縁故採用・出世の極端な形であるともとれ、批判をする者(佐高信ら)もいる。なお、郵政民営化前の特定郵便局長の任用は事実上の世襲であったと指摘されている。 刑務官や死刑執行人といった犯罪者と関わる職業も世襲が多い。死刑執行人は被差別民として扱われていた国が多く、就業や婚姻において強い差別を受けていたため、特定の一族以外が死刑執行人の職に就くことを妨げられていたことが世襲が常態化した理由だと言われている。


[PR]  痔 手術 即金 ビジネス ピロリ菌 ほくろ 除去 ハイドロキノン 仮性包茎 ダンディハウス 脱毛 ひげ 南アフリカランド 腸内洗浄 リンパマッサージ セルベスト化粧品@口コミナビ 薬用トゥースメディカルホワイト



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』